たまりば

  生活・暮らし 生活・暮らし  その他 その他


スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by たまりば運営事務局  at 

2015年07月14日

緩衝材やダンボールを業者から纏めて仕入れる

たまにインターネットオークションに出品する程度ならば、その都度にダンボールや緩衝材などを入手する形で問題はありません。しかし、定期的に出品しており、頻繁に発送を行う場合には緩衝材といったアイテムを纏めて購入した方がお得です。

緩衝材などを大量に仕入れる必要があるならば、専門の業者の力を借りると良いでしょう。私も、インターネットオークションで定期的に出品を行っているので、常に緩衝材は手元に用意しておかないと落ち着きません。

昔は、落札の度に仕入れるという形でしたが、纏めて発注した方が手間もかからないし値段も安くなりました。配送料がかかってしまいますので、お金に余裕があるならば大量に仕入れる方が良いでしょう。  


  • Posted by えんどうまめこ  at 20:24Comments(0)

    2015年07月11日

    ダンボールをインターネット通販で購入する

    ダンボールを購入することが出来る店として、ホームセンターが挙げられます。ある程度の大きさのホームセンターならばダンボールは販売されていますので、近くに店舗があるなら簡単に入手することが可能ですね。

    問題は近くにホームセンターがない場合ですが、その場合はインターネット通販を利用すると良いでしょう。Amazonでは1枚からダンボールを販売していますし、他にも1枚から購入出来るところは多くあります。

    しかも、インターネット通販を利用する場合には持ち運びに苦労することがありませんので、纏めて注文してしまうのも手ですね。私も、ダンボールの在庫が不足している時にはインターネット通販で仕入れるようにしています。  


  • Posted by えんどうまめこ  at 23:16Comments(0)

    2015年07月08日

    梱包材の出費をなるべく減らしたい場合の手段

    インターネットオークションなどで商品の発送を行う場合、梱包材で手を抜くと商品に悪影響を及ぼしてしまうことがあります。しかし、あまりにも梱包材にこだわり過ぎると、せっかくの儲けが減ってしまう可能性もあり、この辺りの折り合いをどう付けるかがポイントです。

    まずダンボールをスーパーマーケットなどから無料で譲り受けるなど、安く梱包材を仕入れる方法があります。私の知り合いにはエアキャップを勤め先から貰ってくる方がいらっしゃいますし、そのようなつてがない場合でも別に落札した商品に付いてきたエアキャップを再利用するも可能です。
    送るのが精密機器ではないなら、チラシといった紙を敷き詰めるなどの工夫で出費を減らすことも出来るでしょう。  


  • Posted by えんどうまめこ  at 21:21Comments(0)

    2015年07月03日

    地球環境に優しい緩衝材を使用する選択肢もある

    緩衝材は大量生産されているので、手に入れることはそれほど難しくはありません。しかし、この緩衝材は環境に良くない影響を与えるものが多く、特に発泡スチロールはあまりイメージが良くないですね。

    発泡スチロールはダンボールなどと比べると地球環境に悪影響を与えないという研究結果も出ていますが、個人的には若干の不安を感じてしまいます。エアキャップといった緩衝材はポリエチレン製のものが主流だったのですが、近年はコーンスターチや紙を材料としているものも増えてきました。

    これらの緩衝材は環境に優しいのが特徴であり、私も出来る限りはこちらを利用するようにしています。環境に気を使うなら、緩衝材を環境に優しいものにしてみるのも良いでしょう。  


  • Posted by えんどうまめこ  at 23:02Comments(0)

    2015年07月02日

    規格ダンボールは安く手に入れられる

    ダンボールにも種類があり、規格ダンボールと呼ばれているものが最も一般的です。引っ越しの際に使われたり、生鮮食品を輸送する際などに使われているのはこの規格ダンボールですね。

    こちらは他のダンボールと異なって大量生産されていますので、安価で購入することが可能です。私はダンボールを定期的に購入していますが、基本的には規格ダンボールしか買っていません。

    安価ですが、サイズが合っていて、破損していなければ問題なく利用することが出来るので、コストパフォーマンスが優れているのが魅力ですね。インターネットオークションで商品を発送する程度なら、こちらの規格ダンボールを手に入れれば問題なく発送を行うことが出来るでしょう。  


  • Posted by えんどうまめこ  at 21:26Comments(0)

    2015年07月01日

    梱包材を手がける業者はどう選べば良いのか

    梱包材を販売している業者は多いものの、どこを選んで良いか迷ってしまうことも珍しくはありません。チェックしたいポイントは幾つかあり、やはり信頼することが出来るかが最も重要となっています。

    商品の説明などでメリットのみを書いているところは、個人的にはあまり信用することが出来ません。何事にも向き、不向きがありますので必ずどこかにデメリットはある、私はそう考えています。

    その為、デメリットについて記載されていないところは避けて業者を選びました。電話で取引について相談することが出来るかも、信頼出来るかどうかを表していると言えるでしょう。信頼性の他に、すぐに発送してくれるかもチェックしたいポイントです。  


  • Posted by えんどうまめこ  at 01:18Comments(0)

    2015年06月30日

    緩衝材は品物を発送する際に最も気を付けたいポイント

    緩衝材は、荷物を発送する場合に最も重要なポイントです。荷物を送る際に傷などが付いてしまう主な原因は衝撃ですが、隙間があると衝撃を受けやすくなってしまいます。

    荷物が固定されていないと、ダンボールに衝撃が加わった際に荷物が動いてしまい、これが破損に繋がる理由の1つです。私はインターネットオークションに出品して定期的に品物を発送していますが、緩衝材できっちりと隙間を埋めることを心掛けています。

    家電のような大きなものを発送する際には発泡スチロール、そうでない場合はエアキャップを利用するのが私のやり方です。紙を使って隙間を埋める方もいらっしゃいますが、こちらは輸送の際に新たな隙間が生まれる可能性が高いでしょう。  


  • Posted by えんどうまめこ  at 21:40Comments(0)

    2015年06月28日

    ダンボールが大量に必要なら、業者に任せてしまうのも手

    ダンボールを専門に扱っている業者も存在しています。その為、頻繁にインターネットオークションで発送を行うなど、商売で必要になる場合は業者に任せるのも手ですね。

    業者に発注する場合のメリットは大量にダンボールを手に入れやすい点ですが、一方で少量のダンボールを手に入れたい場合には向いていません。殆どの業者は最低発注数を定めており、この数字に満たない場合には発注することが出来ないのです。

    最低発注数の数は業者によって変わってくるものの、最低でも100個ぐらいは注文しなければいけないと考えて問題ありません。私は業者にダンボールの注文を依頼したことがありますが、その場合も100個からでないと注文は受け付けないとのことでした。  


  • Posted by えんどうまめこ  at 22:02Comments(0)

    2015年06月25日

    業者にダンボールなどの梱包材を注文することも可能

    梱包材は種類が多くありますので、なるべく安く仕入れたいものです。その場合には比較を行うのですが、手作業で梱包材などを扱う業者のホームページをチェックするのは手間がかかります。

    その為、一括で見積もりを行えるサイトを利用するとスムーズに価格の比較を行えるでしょう。例えば、このようなサイトがあります。
    http://imitsu.jp/list/packing-material/
    梱包材の中で何が必要かは人によって異なりますので、ダンボールといった発送に使うものが足りない場合はダンボールを扱っている業者、エアキャップなどが足りない場合は緩衝材を扱っている業者と使い分けるのが普通です。

    しかし、一括で見積もりを行えるサービスならば纏めて発注を行えますので、手間を減らすことが出来ます。更に、仕入れの価格についても安く抑えられるケースが多いでしょう。  


  • Posted by えんどうまめこ  at 20:52Comments(0)

    2015年06月21日

    緩衝材が中に装着されているクッション封筒

    インターネットオークションでは、CDといったさほど大きくないものが良く出品されています。私も、昔に買ったCDはインターネットオークションを利用して出品していますが、CDのような小さなものの発送にダンボールと緩衝材を使うことはまずありません。

    クッション封筒と呼ばれている商品があり、こちらは封筒内にエアキャップが装着されているのが大きな特徴ですね。CDといった小さなものならこちらに入れて発送することが可能ですから、インターネットオークションで出品するなら欠かせないアイテムです。

    もっとも、このクッション封筒はやや高めなのでダンボールを無料で手に入れられる場合には逆に損になってしまうこともあり、価格には注意しなければいけません。  


  • Posted by えんどうまめこ  at 23:14Comments(0)